突発的な仕事は早めに

仕事をしていると、突発的に入ってくる仕事もありますよね。今これをやろうと思っていたのにと思うこともあれば、後からやろうと思うこともあるでしょう。突発的な仕事は、時と場合によって進め方も変わってきます。営業をしている人であれば、お客さん相手の仕事が多いでしょう。そのため、突発的に入ってきたものや思いついた仕事は、できる限り早めに行っておくことがポイントです。
突発的な仕事といっても、緊急のものとそうでないものとがあると思います。それほど緊急の仕事でなければ、後回しでいいと判断してしまう人も多いようです。しかし、後回しにしてしまうことで結局時間がかかってしまい、残業になってしまうこともあります。また、場合によってはその仕事を忘れてしまう恐れもあるのです。時には、まだやっていなかったのかと、上司に注意を受けてしまうこともあるでしょう。こうなれば、いくらやる気があっても気分よく仕事ができなくなってしまいます。突発的に依頼された仕事がある場合は、できる限り早めに済ませておくことも大切です。後回しにしている仕事があると、気分的にもすっきりしないものなので、早めに片付けておいた方が気も楽になります。忘れてしまう可能性も低くなり、上司から注意を受けることもなくなるはずです。
残業が多い人は、様々な仕事を後回しにしてしまっている場合もあります。特に、お客さんを相手にする仕事をしている人は、いつでも対応できるよう心掛けておきましょう。そうすることで、仕事もスムーズに進めることができます。ミスを防ぐことにも繋がるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です